FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっぱいを振り返って ~その24 19~21話を振り返る~

おっぱい!

おっぱい以外の事をコピーロボットにやらせたい最近です。
もういい!おっぱい以外は画面に出てくるな!
俺はおっぱいを1コマでも長く見ていたいんだ!
ただそれだけなんだ!
ただそれだけ・・・それだけなのに・・・
うう


▼19話
右おっぱい:前回のドえっちな18話から一転、ほのぼのしたアデプトのお話ィ♪
左おっぱい:ウフフ♪ でものっけから私たちのパワーを見せつけてやったわァ♪
右おっぱい:計測がキモチよくって、ついついアタマが出ちゃったんだ!実は!
左おっぱい:BD、DVDを購乳したおっぱい星人は、ちゃんとコマ送りで確認したわよねェ?
右おっぱい:監督が楽しそうに直していたのをミンナ気味悪がっていたんだ!実は!
左おっぱい:そろそろポリスの出番かしらァ?
右おっぱい:普段は常識を一生懸命わきまえようとしてるから、職質程度で勘弁してあげてネ!
左おっぱい:昼間からポリスに呼び止められたのがよっぽどショックだったのねェ
右おっぱい:「おっぱいで逮捕されるなら本望だ!(キリッ!」(※監督談)


▼20話
左おっぱい:あンた、真面目にやんなさいよォ?
右おっぱい:20話だよ!? 僕たち出てないけどいいの!? 陥没ほじってほじって!!
左おっぱい:むくむく~♪
右おっぱい:愛しのマグネシウムさんカムバック! この世に僕らの出番を与えてくれたハラショなシト!
左おっぱい:それ2話よォ? 今は20話の話を振り返るのよォ
右おっぱい:ちっぱいばかりだから監督が今イチ乗り気じゃないんだよ!
左おっぱい:Gカップ爆乳のウララちゃん出てたじゃないのォ?
右おっぱい:この回はおっぱいよりサーシャ坊やの台詞に笑ってたんだ!実は!
左おっぱい:吸えば分かる!(キリッ!
右おっぱい:チェックの度にみんな大ウケさ! 上江洲サン、どーもありがとー!


▼21話
左おっぱい:最初のアイディアじゃ、アデプトの連中が私たちを順番に吸い倒してカタパルト出撃するっていう
      アタマの悪い展開だったのよォ。誰考えたのォ?
右おっぱい:勿論却下されたけどね!
左おっぱい:スタッフにもミジンコ並みの良心の欠片はあったのねェ。
右おっぱい:でもサ、僕を咥えるワンチェンさんや、左姐サンにむしゃぶりつくドーカンさんって
      気持ち悪い絵面も一生に一度くらいは見てみたかったよネ!
左おっぱい:短絡的なチャレンジ精神は後悔しか生まないわよォ?
右おっぱい:やればわかる!やらなきゃわからん!
左おっぱい:ちょっとパクらないでよォ
右おっぱい:おっぱいパークパク♪
左おっぱい:ああ~ん♪ 共食いィ~ん♪

オッパイをとったカレシ。-約束- (デザートコミックス)オッパイをとったカレシ。-約束- (デザートコミックス)
(2010/01/13)
芹沢 由紀子

商品詳細を見る

おっぱいを振り返って ~その23 10.5話を振り返る~

おっぱい!

グッパイ!!

デトックス!!!


毎度アタマの悪いスタッフでごめんなさい。責任者の監督です。
変態王の称号を欲しい侭にする森田さんのシナリオを拝見した時、「俺がモデルにされてる!?」と正直思いました。
こんな風に思われてるんだなぁと大人の階段をまた一つ登った所で決定稿とさせて頂きました。
ヤバいネタが変わっているのは察してください。無理です、吉野さん。
その代わり別ベクトルにぶっちぎってヤバくしときました!

こんなアニメですが、役者の皆様にもお楽しみ頂けたようで、収録は和気あいあいとしてました。
音響監督もゲルさんに画面外でずっとアヒアヒさせるし、もちろんモザイクさんは合点!みたいにノリノリだし。
残念ながら別録りとなってしまったテレサ役の茅原さんも
「みんなと一緒におっぱいデトックス、合唱したかった~」
とくやしがられておられました。

・・・いやぁ、おっぱいって、ほんっっっっっとにイイものですね。
それでは皆さん、またお会いしましょう♪(来世で)

聖痕のクェイサー10巻オリジナルアニメDVD付予約限定版 (チャンピオンREDコミックス)聖痕のクェイサー10巻オリジナルアニメDVD付予約限定版 (チャンピオンREDコミックス)
(2010/10/20)
吉野弘幸(原作)佐藤健悦(漫画)

商品詳細を見る

おっぱいを振り返って ~その22 #16~18を振り返る~

おっぱい!

左目の赤化が止まりません。いよいよクェイサーとなれる日が近づいてまいりました。
まってろおっぱい共! ぜんぶ吸いつくしてやる!
・・・。
赤くなってるの白目部分じゃん。リテイクー。


▼16話~
お話的にはシリアスなのですが、随所におかしなノリが入っていた回ですね。
これはコンテ・演出の櫻井さんの持ち味です。
華が空気読まずにトリップして1人〇〇〇ー!?してるのもシナリオには勿論なくて(笑
で、そんなイイ意味でのスキがあれば、「あの人」が黙っていません。
アフレコのテスト時、モザイクさんがあまりにあんまりなアメリカンな喘ぎをシリアスなやりとりの最中に
やり続けるために、頑張って平静を保っていたカーチャ平野さんがとうとうふき出してしまいました。
16話にして日笠さんが勝利したと言えます(?)

▼17話~
16話とは逆に、コンテ演出はシリアスに進めながら、シナリオが狂気だったのがこの回です。
まさか「至高のおっぱいだ!」という台詞が出てくるとは・・・。正直僕も予想外でした(笑
後半戦なので作画の厳しかった所はBD/DVDリテイクで多めに直せたと思います。
まふゆのおっぱいをふんづける所とか、まふゆのおっぱいをひんむく所とか、まふゆの乳首がいじめられる
所とか・・・。

▼18話~
これまでの話から一転、ひどいエロ回がやってまいりました!こんなん大好き!
僕の意図を汲んでくれた、コンテ・演出の浅野さんの物凄い頑張りで出来あがったフィルムです。
「これぐらい毎回エロいといいんだけどな~」と言ったら苦笑されてしまいましたが。
時間のなかった状況で、信じられないクオリティです。
しかも!あの「木村貴宏」さんに原画で参加して頂けたという・・・。贅沢ですね。
カット数的には多くないのですが、原画枚数は異様に多かったです。
どこをやったか、キムタカ好きなら分かりますよね(笑
それにしても、六実カワイイなぁ・・・。

おっぱいハンガー/バスト膨らみ付き立体ハンガー/おっぱいハンガー/バスト膨らみ付き立体ハンガー/
()
デュエット・ワールド

商品詳細を見る

おっぱいを振り返って ~その22 #13~15を振り返る~

おっぱい!

クェイサーの全ての作業から解放されて、今まで誤魔化してきた身体のガタがあちこちに出てきたり。
左目がうずくのはサーシャのようなクェイサーになれる可能性の発露でしょうか。
あとはイケメン属性を乳手出来れば、夢だったおっぱい無双が。
・・・。
保険証取りにいかないと。


▼13話!
この回は、シリーズ中で一番シナリオの決定稿が早く決まりました。
誰もが文句のつけようがなかったのです。何度も言いますが、森田さん流石です。
コンテも高橋さんが更に面白アイディアを上乗せし、正直自分で作監したいなぁと思ったり。
クェイサーが1クールでこの話が最終話だったら、嬉々としてやっていたでしょう。無念。
心苦しいのですが、作画的には僕の中で及第点に達していません。
本来ならば、シリーズ中で最も高クオリティでなければならない回なのですが。
BD/DVDリテイクも、丁度23,24話の制作とかぶってしまい、思うように直せませんでした。
それでも面白く感じられれば、それはやはりシナリオとコンテのおかげです。
とはいえ、本編制作時にどうしようもなく時間のない中、デスクが肝心なカットのチェックを僕に回して
くれたのは助かりました(まふゆが「吸って・・・サーシャ」と腕を広げる所など)
また、アフレコも役者様に楽しんで頂けました。
カーチャと華がお互いの股に顔を突っ込んだ状態でテーブルの上に放り投げられたシーンですが、
コンテでは二人とも気絶している内容でした。
しかしアフレコで、カーチャさん華さんの提案により、もごもごする芝居が追加になったのです。
完成版ではちょっと聴きとりづらいかもしれませんが、華さんは段々感じていって大興奮していってます(笑
スキあらばネタを仕込もうとする日笠さんの貪欲さに、またもや乳首が震えました。

▼14話!
弾けすぎて賛否両論の回でした(笑
といってもシナリオからあんな状態なので、全員共犯なのですが。
シナリオからの大きな変更点はラストで、実は最後は美由梨の日常に戻るはずでした。
それがやはり色々盛り込んだ展開になった結果、シナリオにないバベルの塔が出現したり、
ラストがぶん投げっぱなしだったり。
コンテを頂いた時は思わず頭を抱えました。「おもしろいんだけどっ・・・どうしよう!」と。
しかし大幅に修正する時間はもはやなく、上江洲さん名和さんと緊急ミーティングを行い、そのまま
いくことになりました。
右おっぱい左おっぱいの演じ分けは、アフレコでの豊崎さんのアイディア。爆笑の渦でした。
先生の特訓が終了した夕暮れ、リリーの歯抜けの楽しい演技も、川澄さんのアイディアです。
あと、アニメで動いてる六実が異様に可愛かったのが驚きでした。

▼15話!
この回も色々難儀な回でした。
最大の難点は、サーシャの男の娘ネタを引っ張っていて、記憶を取り戻した時にバニー姿だった事。
弁明しておきますが、僕自身には男の娘属性はありません(苦笑 女の子のおっぱいが大好きです。
バニー姿で記憶を取り戻す流れは合議で決めたことですが、コンテ打ちでも演出打ちでも悩まされました。
サーシャはキメる所はキメないといけませんから。
あとモエノが人気があったようだと後で聞いて、意外でした。
勿論この回でソーマを吸われる女の子なので、ただのモブにならないようこちらでも大分手を入れましたが。
リジーがソーマを吸うシーンはコンテでかなりあっさり描かれていたので、大幅に追加させて頂きました。

まことちゃんフィギュアストラップ おっぱい 単品まことちゃんフィギュアストラップ おっぱい 単品
()
不明

商品詳細を見る

おっぱいを振り返って ~その21 今度こそ#10~12を振り返る~

おっぱい!

俺は女の子のおっぱいが好きなんだ!(謎の叫び


前回途中から怒りに我を忘れ、10~12話を振り返らず終わってしまった。
ちゃんとします。

まず10話。
色々難しい内容でしたが、愉快な回でした。
アバンの石膏ネタや、パンツ<ブラジャーという流れがなかなかにトリッキーで、「なんだこれ?なんだこれ?」
というスタッフのツッコミが終始絶えませんでした(笑
このおっぱい馬鹿ん督をよく理解して下さった信田さん(1話)、友田さん(7、15、23話)に演出を担当して頂き、
高木さん(最初のOPでMgがチャクラムを投擲するあたりのアクション、18話Aパート作監)、
羽田さん(4話Bパート作監、ツィッターのカーチャアイコンの絵!)に作画監督をして頂くという
豪華な布陣だったので、上がりをチェックするのが楽しみでした。
シリーズ中で、14話と共に一番リテイクの少ない話数だったと思います。
原作にない描写としてウサピョンがありました。
燈が人形とどう接するかが、打ち合わせで難航した覚えがあります。
決定稿ではウサピョンが燈をたしなめるようなやり取りだったのですが、今ひとつ腑に落ちず、
脚本の待田さんの最初の提案通りに、燈を励ます流れに変更しました。
またこの回は9話の重い話の後だったので、ギャグ絵の多用をしたり。
それまで燈の出番が薄かったこともあり、インパクトを残そうと狙ったのだと思います。
お気に入りはチャ-ハンをもごもごしたまま、「ふぇ~」とジョシュアの話に適当な相槌を打つ燈です。
原画担当者の持ち味も加味されてかわいくもあり、見る度に吹きます。

11話。
QRがカワイイ。
華がまふゆの足を引っ掛ける芝居は、実はシナリオにはありません(まふゆが躓いて倒れるだけ)
12話までのクラスメイトとまふゆ達の関係を再考して、より明瞭にするために敢えてイジメっぽい描写が
コンテ以降で足されました(原作寄りに戻すニュアンス)。しかしアニメ版においては当初からまふゆに対する
華や美由梨のイジメは緩和して描いており、矛盾が生じてしまいました。
僕自身が一番気をつけたいと思っていたキャラクターの一貫性を損なう結果となってしまい、相当落ち込みました。
コンテ担当者が納得出来るようなシナリオに誘導出来なかった自分の責任です。
「毎週」放送という「連続性」に、もっと注意を払うべきでした。

12話。
ちっぱいも一生懸命描いたらざわざわした気持ちになって、人生における幸せが一つ増えました。
BD/DVDリテイクで史伽の乳首を描き直した時のことですね。
シリーズ折り返し地点であり、正直制作状況も良くなく、見苦しい点があることは否めません。
それでも拙いながら、ひたすら「まふゆ」に気を遣ったことはよく覚えています。
作画監督様には申し訳なかったのですが、まふゆの絵にはかなり手を入れました。
やはり、企画始動時からクェイサーのキャラと向き合い、異常な愛着を抱いている監督の僕と、
ローテーションやその回限りで参加されるスタッフとでは、「彼ら」に対する情熱の差は出てしまうのです。
(勿論それは立場が変われば僕にも身に覚えがあり、止むを得ないことなのですが)
まふゆかわいい、と思って頂けたなら幸いです。

おっぱいとトラクター (集英社文庫)おっぱいとトラクター (集英社文庫)
(2010/08/20)
マリーナ・レヴィツカ

商品詳細を見る
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。